プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

外に 洗濯物を干せること
半袖のTシャツで 歩けること
緑が濃いこと
花々が咲いていること

毎日 味わって過ごしたい
北海道の夏です。

名言
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

緑の森


2014/08/31 08:07 えぞももんが

秋の初めの森

秋は短いけれど
その間に いろんな秋の姿を見せてくれるなぁ・・・と
季節的に 詩人のようなことも たまに 思いながら 森を歩きます 

まだ 緑がたくさんの、でも確実に夏とは違う 次の季節の気配を感じるこの時期
P1010501_2014083107095518c.jpg
ヤマモミジ


そして 木の実が落ち始め
P1010498_20140831070614e3b.jpg
カツラの木の甘い香りも濃くなって
木々の葉が色付きはじめる紅葉の秋がきて



その葉が はらはらと落ちて 森は一気に見通しが良くなって
茶色の秋になる
それまでは もう少し 色がある森を楽しめます。



いつも 立ち寄る 瑞穂の池には 白いサギが一羽 住んでいます。
P1010503.jpg
見かける時はいつも 一羽 寂しくないのかな・・・
寂しくはないのでしょうね きっと








こちらは モズでしょうか?
(野鳥の事は 詳しくないので 疑わしいですが)
P1010511.jpg
昨日 ラジオで モスの話を聞いたばかり。
モズは 漢字で 「百舌鳥」 と書く。
「百舌鳥」の名前の由来は 気にいった雌が現れると
うぐいすやひばり、めじろなどの  色々な鳥の声の物真似をして鳴いてみせるからだそうです。
“恋する百舌鳥は百枚舌、お調子者の百戦錬磨”と 言っていました

そんな風に見えないけれど  凄いです。





百年記念塔付近に 戻ってきたら
お父さんと女の子が 高くなった空に 凧をあげていました
P1010516.jpg
空をひとり占め










帰りに 近くの小さな神社さんに立ち寄ったら
P1010518.jpg
風で種がここに運ばれたのか
境内に コスモスが 一輪咲いていました。


よさこいソーラン祭り
北海道神宮祭
花フェスタ
大通り公園のビヤガーデン

初夏から始まった行事が ひとつ ひとつ 終わって
そして 今日は 8月31日  北海道マラソン。
参加するわけではないのですが 北海道マラソンが終わると
とうとう夏が終わるのだなぁと 思います。



やっぱり どっぷり寂しがっている ・・・・ やばい やばい。
この夏も お疲れ様でした!




今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村

藻岩山で読むエッセイ | ホーム | リリリンリン
Comment
毎年思うこと、
いつかきっと
カツラの木の甘い香りを味わってみたいです。

正面やからわかりにくいけど
色が薄いからモズの女の子の方かも・・・

紹介してくださった安房直子さんの「ひぐれのお客」
借りてきて読みました。
読み始める前に勝手に妄想して・・・
「ももんちゃん(えぞももんがさんのこと)の
 言ってた本これよね。」
「そうだよ、ゆるんちゃん(わたしのこと)。」
子どもにもどったつもり。
なのに読み始めたら無意識に登場するおばあさんに
自分を重ねていました・・・
どこかへ連れて行かれて
もどれるかどうかちょっと寂しくなるような
そういうお話し、不思議です。

最近テレビもラジオもふれる時間が減りました。
前にお話しした
上橋菜穂子さんの物語が面白くて、
時間ができると読んでます、すぐうとうとしてますが・・・

こんにちは!

あなたのことを、「いやいやいや、詩人でしょう!」と思っているのは、
私だけではないはず。。
えぞももんがさん

ゆく夏を惜しむ気持ち
わかります。

夏が短くて、寒い時期が
長いんやもんね。

朝晩はずいぶん涼しくなりました。
昨年のことを思えば少しラクです。

あっという間に過ぎていく
秋を楽しんでくださいね!

秋の新商品は
やっぱりね、さつまいも、栗
かぼちゃをつかったものが
多くなります(笑)
ももんがさん
今年の夏は、本当にきっぱり、過ぎて行った…そんな気がします。
今日は、風鈴をしまいました。
それに、暑い盛りには出来なかったハーブの寄せ植えの植え替え。
涼しくなって元気を取り戻す、そんな緑もあるんですよね。
あきらめ加減だったレモンバームに、新芽が出ていて…。
人間だって暑さにバテますもんね。
季節に敏感な植物は余計にそうですよね。


百舌…。
百舌のはやにえってあるでしょ?
何で百舌は獲物をあんな風にするんだろう…?
すごく不思議になる。
あれは、小さな猛禽って言う人もいるそうです。
よく見ると、口ばしが鷹とか鷲みたいな形ですもんね。


あぁ、明日からまた、普通の生活です。
2学期はまた、あっという間に時が過ぎちゃうんだろうな〜。
ゆるりんりんさん 読書の秋ですね。
本を読みながら うとうとする時間は
けっこう 好きです
でも 電車の中で本を読みながらウトウトしてしまうので
膝から本が落ちて いつも慌てて拾い上げます

安房直子さんの童話はいつも ドキッとしながら読みます
こう少し 秋が深まったら 「きつねの窓」を
また図書館から借りてきそうです・・・。

ゆるりんりんさん 私は以前から ラジオをかけながら
家事をしたり 本を読んだり パソコンに向かったりしていたのですが
最近 それができなくなってきました
本を読む時は ラジオを消す
パソコンに向かう時も・・・
歳かなぁ・・・・。

追伸・・・・・ゆるりんりんさん やっぱり この鳥は モズかもしれませんか?なかなか 変わった 習性をもった鳥みたいでビックリしました。
Bluejay ٩( ᐛ )و さん 私が詩人・・・・。汗;
なんだか 変な汗ができてきました (笑)
実際の私に 森でばったりお会いしたら
デジカメで道に這いつくばってドングリの写真を撮ったり
カツラの木をこんこん叩いていたり
小動物の気配を感じて 一点をジ~~~っと見てたり
ただの 少しワイルドなおばさんで
「なんだ こいつ」と 思われると・・・・。

だから 汗でます。
今日から 9月ですね
ラジオから流れてくる曲が やたらとしんみり切ないものが多いので
詩人化するのかもしれません

いかん いかん・・・(笑)

寧楽さん 秋の新作のパン!!!!!
さつま芋に カボチャに 栗!!
もう 考えただけで ひゃ==美味しそう。
どれも ほっくりして 甘くて 優しい味だ 間違いない。
私は 今日 パン屋さんに行って そういうパン達を
買ってしまいそうです。いや きっと買う。
寧楽さん 今日は月曜日。
お店は お休みですか?
ゆっくりできそうかな?
暑さが ひと段落して ホッとできているといいんですが。
ちょっとだけ自分の時間を作って 古民家カフェめぐり
できるといいですね
私は 今日は 父のところに秋の小物を置いてこようと思っています。

追伸・・・・かぼちゃの天ぷら揚げました。秋の味、美味しかったです。
くまはちさん 今年の夏は いろんなことに
挑戦していましたね
新作のちいさんさんも 可愛かった!

そちらの暑さは 本当に 「どうなっているの?」と
思うほどの高温。やっぱり 緑にもこたえる思います
少し涼しくなって これから 元気を取り戻す
花たちも多い気がする。特に ハーブ。
イタリアンパセリは 冷凍しておくと とっても便利です
お試しあれ。

くまはちさん 昨日 モズの事 いろいろ検索してみたんです
「もずのはやにえ」には ドキッとしました。
諸説あるようですが その中の理由の一つに
足の力がとても弱いので とった獲物を
足で押さえていられないから 木の枝や
いろいろなものに挿しておく
そういうことも あるようです。

でも なんだか 不思議・・・。

くまはちさん 少し 涼しくなって
あした 藻岩山 登ってこようかと思います
携帯ラジオと水筒とおにぎり持って。 
ももんがさん、ここの数枚の写真は私の為にももんがさんがアップしてくれたのではないかと勝手に思っています。
上半期の疲れか、心身足ふみ状態の私には視覚からの癒し。
先日、雑誌の中で 「風を見る」という言葉。
本来は風は外気に触れて肌に感じるものだけど、窓を開けなくても木の葉が揺れるのを見て感じる。
ももんがさんの写真を見て癒されてるのはこういう気持ちかな~って。

ももんがさんにとっては「覚悟の秋」ですね。
私には「覚悟の夏」が終わり、夏を乗り切ったご褒美の秋です。

藻岩山 私も行きました。 おにぎりを持っていかなかった事を後悔したけれど頂上で見た景色と空気の美味しいこと! いつか必ずまた行きたい!
ふ~さん そちらも 「覚悟の夏」が終わって
「ご褒美の秋」になったのですね
満喫できているでしょうか?
秋は寂しい・・・今年の冬は、はたして超えられるだろうか?などと
かなり弱気なことを思うのですが 9月になると 夏物の服が
疲れたように見えて 少し濃い色の服が着たくなって
涼しい風に 無意識にほっとしていることに気がつきます

体が 春と夏と秋と冬がちゃんと来ることを
要求しているのかな?と思います。
「風を見る」見える時ありますね
夏草が 風に吹かれて 波打っている時
こんな風に 風が通り過ぎているのだなぁと感じます

ふ~さん、ふ~さんが見かけた 頭から網をかぶった方
私もたびたび ばったり 会います
その度に 「おっ!!」と ビックリして1センチほど
飛び上がる。ここは道立自然公園なので 植物の
調査をしている人?それとも ただ単に 虫に刺されないように
厳重に用心されている人?謎です。   
今年の夏は さっぱりした夏だったなぁ と思ったりしています。
ひまわりも 蝉も スイカも、
いつもの夏となにも変わらずあったけれど、
あっさりと過ぎていってしまった気がします。
嬉しいけれど 地球の未来になにか不安も感じます。

ヤマモミジのなんと綺麗な緑、
桂の木も甘い匂いがますます濃くなって、
そういえば、
北海道の山々には初冠雪と聞きました。
いつもの年より早い雪化粧。
紅葉と白い雪と青空!
そういう景色を見ることのない私は、少しうらやましい。

ももんがさん、
花子のドラマがいよいよ終わってしまいますね。
息子を亡くして一日で白髪になってしまった連子が、
再び、どんな曲がり角を曲がることになるのか、
きっといいものに違いない未来であってほしいと思ってます。

フィリフョンカさん 大雪山は北海道の屋根と呼ばれています

そうなんです 先日 初冠雪。
そして 日本一早い紅葉が始まりました
桜前線と反対に 紅葉前線のスタートです。
フィリフョンカさんの住む町に紅葉がたどり着くのは
いつ頃かな?そんなことを 思います。
今年の 大雪山の紅葉は10年に一度の美しさだとか。

富良野からラベンダーで有名な美瑛町まで
ノロッコ号という観光用の電車が走っています
これに乗ると 春は大雪の残雪が見られて
秋は 黄金に色付いたカラ松と 雪化粧した大雪の山々を
眺めることができます
私は 秋のこの景色を 眺めたことがありません
春は見た!今でも くっきり しっかり 思い出せます

いつか 秋のノロッコ号に乗って 富良野にって
森の喫茶店で コーヒーを飲むと そう思っています。

フィリフョンカさん 「花子とアン」終わってしまう。
あと5日で 蓮子さんがどういう風に 復活してくれるか!!
復活してくれるに ちがいない!!わたしも そう思っています。

追伸・・・・次の 朝の連続テレビ小説は舞台が北海道
余市。主人の実家の隣町です。
面白いといいな・・・・視聴率がガタッと落ちたら
かわいそうだよな・・・外人さんの主人公、言葉は大丈夫かな
と 身内の事を心配するような心境です。