緑の森

緑の公園の近くに住んでいます 季節の流れに沿って生活したいと思っています

Entries

表紙の絵

十勝の子どもたちの詩を載せた「サイロ」という月刊誌があります。

創刊されたのは昭和35年1月
六花亭の創業者  小田豊四郎さんがこの児童詩誌の発案者だそうです。

毎月はじめ 近所の六花亭に行って
季節菓子を買い 詩集「サイロ」をもらって帰ってくるのが楽しみです。

子どもたちの まっすぐで 素直な詩が
じんわり 心に染み込んできて
その瑞々しさに 羨ましくさえあります。

そして 表紙の絵が 大好きです。
P1010883_20141207150030bf3.jpg
北海道の事を知り尽くしているように思える絵
描いているのは 十勝在住の真野 正美さん
1993年まで 愛知県のトヨタ自動車本社デザイン部で乗用車の内装や外形デザインの
仕事をされていたと知り ビックリしました。


今月の表紙の絵は
「幻灯の家路」
P1010884.jpg

師走の大きな街の繁華街の賑わいが嘘のように、
この街の暮らしの風景は深い静寂に包み込まれています。
はちみつ色の明りが灯るだけの商店も、
クリスマスの飾り付けで華やいだ街から戻ると、
子供心には少し寂しげにも映るのですがこの日ばかりはちがいます。
憧れのお菓子のブーツやクリスマスケーキを持っての帰り道は心もときめき、
遠くに見えるトド松の樹までもが、
星に飾り付けされた大きなクリスマスツリーに見えるのです。

                     12月の表紙のことば より



クリスマスのブーツ あれほどこころ惹かれるものはありませんでした。
いったいどんなすばらしいお菓子が入っているんだろう
どんだけ たくさん入っているんだろう
そう思ったものです。

実際は・・・・・ごくごく普通の駄菓子達がクリスマス風のセルファン紙に包まれていて
つま先までは入っておらず 少し がっかりなのですが
それでも また 次の年のクリスマス近くには 憧れのまなざしで 熱く眺めたものでした。

真野正美さんの 「風便り」というギャラリーがあります
検索してみてください
北海道の四季が満載です

来年の夏 中札内に出かけてみようかな
真っ白になった 外を眺めながら
小さな楽しみ 思い付きました。




今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村     

Comment

 

ももんがさん
今朝は、外が霜で真っ白!
珍しく、家族より寝坊し、駆け足で朝の支度でした。

「サイロ」の編集長さんが以前、ラジオ深夜便に出演されていて。
子供達の詩は、その時代を映す鏡のようだ、と仰っていました。
表紙もまた、ですね。
カラフルなダウンジャケットなんかは、その象徴ですね。
でも、どんな時代でも、変わりないものがある…それがいい。

今でも子供達、ブーツのお菓子、喜ぶのかなぁ…(笑)
これ、いつも思う。
だって、最近のお菓子の多様ぷりを見ると、ね。
「詰め合わせ」というのがいいんだね。
で、大体、こういうのって、ひとり1つ。
いつもなら、兄弟で分け合わなきゃいけないものが、独り占めできるから、余計にいいんだろうな。
  • posted by くまはち 
  • URL 
  • 2014.12/09 08:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

おじゃまします。

昔のサイロと画風が変わったようですね。


今でもクリスマスの真っ赤な長靴の中身が

気になる私。

わたしが小さい頃は プラスチックで出来た

長靴が主流でしたが 今は紙製がほとんどです

ね。

何度も 履けるんじゃないか?と 真っ赤な長靴

に足を入れようとしたことを思い出しました。笑
  • posted by あんこ 
  • URL 
  • 2014.12/09 15:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

くまはちさん すごく 返事が遅くなってしまいました。ごめんなさい。

突然 パソコンの調子が悪くなって
電源が入らず 今週はパソコン無しの
生活でした。
いつも 分からないことがあれば 検索・検索
・・だったのが 自力で調べる
朝は手紙を書き 夜は読書・・これもまたヨシの
生活でした (笑)

くまはちさん 
「カラフルなダウンジャケットなんかは、
その象徴ですね」
これ 本当にそうかもしれません
特に スキーウエアは どんどん形が変わって
原色が流行ったり
花柄のものが流行ったり
パステル系の色が流行ったりしました
今は どんなのが主流なのでしょう?
スキー場で流れる音楽も
ユーミンから 広瀬 香美の曲になって
今は 何が流れているのだろうか?

くまはちさん 自分だけのものって
すごく嬉しかった
大切にしましたね
それは いつも わけっこしていたから
それか お下がりのものだったから
これは 大切なことだったんですね
今にして思えば・・・
あの頃は すごく 不満だった(笑)
親になってようやくわかるんだな・・・ですね

そちらは 風邪 流行っていませんか?
こちらは インフルエンザも
普通の風邪もかなり流行り始めました
風邪ひきさんがたくさんです

暖かくして 過ごしてください。
  • posted by えぞももんが 
  • URL 
  • 2014.12/13 07:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

あんこさん 返事がとても遅くなってしまいました ごめんなさい。

パソコンが動かなくなってしまい
そうなると 私にはどうすることもできず
他人任せ・・・汗
アナログ生活にてっしていました。

あんこさん
「サイロ」の表紙は2010年 601号から
今の方に変わったようです。

「サイロ」の表紙や 六花亭の包装紙や缶の
絵は 心がなごみますね

あんこさん 私もです
子供の頃 父が宴会(キャバレー)で
もらってきた クリスマスのブーツ2個
中身を出して 足をこっそり入れてみる
あ!!入らない!! 
足を入れてみたくなったのではなく
入れてしまったのでした

昭和のクリスマスツリー
モール(?)でできたサンタやキャンディー
雪は綿でしたね
あの 何とも言えない クリスマスツリーが
最近なぜか 恋しくなります

あと 一週間もするとクリスマスそして
ドドド・・・と 大みそか お正月
忙しくなりますね
風邪も流行っているみたいです
暖かくしてくださいね。
  • posted by えぞももんが 
  • URL 
  • 2014.12/13 07:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

子供の頃、とても魅力的に思えたもの、、クリスマスに表れる赤いブーツ。
おもいっきり共感です。なかなか買ってもらえなくて、店頭に飾られるの
を羨望の眼差しでみてました。

もうひとつ、北海道の人にいったら笑われるかもですが、私たち子供が憧れ
たものは、、雪でした!
年に1度くらい空に雪が舞うと、先生が配慮して、授業を中断し校庭に出し
てくれましたよ。生徒たちは狂気乱舞してましたね。雪にあんなにドキドキ、
わくわくしていたのが嘘のようです。。 

ノスタルジックなよい絵ですね。見ているとそこから色々な想像が広がって
いきますね。
  • posted by Bluejay ٩( ᐛ )و 
  • URL 
  • 2014.12/23 14:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

Bluejayさん
おはようございます

先日 いつも行くスーパーで 巨大なクリスマスのブーツを見ました。
小さい子なら からだごとすっぽり入れそうな
そんな大きさ
でも あまりにも大きすぎて 魅力を感じない
(子供は 違うのでしょうか?)
足が 入るか入らないか それぐらいの
大きさの方が ずっと 魅力的だと思うのですが・・・。

Bluejayさん 長男が生まれてすぐ神奈川に引っ越して 8年ほど住んでいました。
ある年 積もるくらいの雪が降って
子供たちはみんな 狂喜乱舞
あちらこちらで 雪だるまを作っていました
でも 雪が足りないので 雪玉を転がしているうちに 土が見えてきて どの雪だるまも
茶色。
それでも とっても 嬉しそう。

懐かしい思い出です。

追伸・・・・・この絵の感じが 好きで 毎月初め どうしても 六花亭に足が向きます。
  • posted by えぞももんが 
  • URL 
  • 2014.12/24 06:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

外に 洗濯物を干せること
半袖のTシャツで 歩けること
緑が濃いこと
花々が咲いていること

毎日 味わって過ごしたい
北海道の夏です。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター