緑の森

緑の公園の近くに住んでいます 季節の流れに沿って生活したいと思っています

Entries

スキーに行く

私は スキーが好きでした。
小学校の低学年までですが・・・・。


子供の頃 冬休み “ スキーに行く ” と言えば
窓から外の天気を見て 吹雪いていなければ 
自分でスキーを担いで 裏山に行く・・・のが “ スキーに行く ” でした。

そこらへんにある低い山なので リフトなどなく
山のふもとから スキーで雪を踏み固めながら登って行って
自分で滑るゲレンデを 自分で作る
ある程度のところまで来ると 滑り
滑り終えてしまうとまた せっせと登っていく
その繰り返しの 地道な 作業です (笑)

滑り方など 誰にも教わったりしないので
怖いもの知らずの 直滑降。

滑るためには とにかく ひたすら せっせと登らなければならないので
汗だくになり 毛糸の帽子を脱ぐと 頭から湯気が出たものです。
喉が渇くと  新雪を口に含み
お腹がすくと ポケットに入れてきた キャラメルをほおばります。

今なら 「何時代のこと?」 と言われそうですが
これが 小学校低学年くらいまでの 私のスキーでした。

それが
スキーはお金がかかるスポーツと 実感したのが
OLの頃でした。

スキー 一式とウェアを揃えるだけでもなかなかの金額
そして 
「私をスキーに連れてって」と お願いできる 彼もいなかったので
スキー場までの交通費 ・ 一日リフト券も結構 高額でした。

喉が渇けば雪をほおばり お腹がすけばキャラメルを口にほおり込む
子供の頃の素朴なスキーも

友人や同僚と行った ちょっとお金がかかった スキーも
今思えば 楽しかった。


遠くに スキー場のナイターの オレンジ色の灯りを見ると 
なんとなく キュンとするのは そう言うことかもしれません。


私をスキーに連れてって [DVD]私をスキーに連れてって [DVD]
(2003/11/19)
原田知世、三上博史 他

商品詳細を見る


ちなみに 子供の頃の そり遊びは
雪がたくさん積もった 納屋の屋根に登り
悲鳴とともに 一気に滑り降りる・・・でした。
ずいぶん ワイルドな遊びばかりしていました 


 

今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村



Comment

スキーと太極拳。 

ももんがさん
私はスキー、全くやっていません。
スケートは1度。
無様でした。
もう、生まれたてな馬…みたいな(笑)
夫は長野生まれだからか、結構、やってました。
今はやってないけど…。
お付き合いしてる時に、スキーくらいは教えてもらえば良かったかな(笑)

何でもスキーと太極拳って、似た所があるみたいです。
どちらも、中腰をキープするということ。
スキーは勿論、太極拳も激しい体操ではないのに、結構、下半身に来るみたいですよん(笑)
  • posted by くまはち 
  • URL 
  • 2015.01/11 04:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

くまはちさん おはよう

中腰をキープするということ・・・
くまはちさん スキーもまさにそうです
基本のスキーをハの字にして滑る
プルークボーゲンと言うのや 平行にして滑る
パラレルと言うのがあるんですが

もう しつこいぐらい 「前傾姿勢 前傾姿勢」と
教わった記憶があります。
体重を 弁慶の泣きどころ(向う脛) 辺りに かけるんです。

スキーに行った翌日は 両足が筋肉痛です。

太極拳もそうなんですね!
そうだとすると じわ~~~~と、すごい運動量ですね。
そう言えば 以前 NHKのEテレだったと思うのですが
太極拳の番組していた気がします
ちがったかな???

がんばれ くまはちさんi-260
  • posted by えぞももんが 
  • URL 
  • 2015.01/11 06:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

時間を忘れ 新緑を眺めていたい 季節です。
紅葉の時期と同じく
緑にも 濃淡があり きれいです。
桜の次は ライラック。
季節は 春から 初夏に。 

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター