プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

外に 洗濯物を干せること
半袖のTシャツで 歩けること
緑が濃いこと
花々が咲いていること

毎日 味わって過ごしたい
北海道の夏です。

名言
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

緑の森


2015/05/02 07:00 えぞももんが

5月の風にのって


5月になると 茨城のり子さんの詩を読みたくなります。
詩集はあまり読まないのだけれど
新緑の頃になると 茨城のり子さんの詩集をかばんに入れて
移動中に 広げます

そして 
「自分の感受性ぐらい 
 自分で守れ
 ばかものよ」のところで 背筋が伸び


「寄りかかるとすれば
それは
椅子の背もたれだけ」のところで ヨシ・・・と思う。


そして 一番好きな詩が




   この失敗にもかかわらず    

                          茨城 のり子


五月の風にのって
英語の朗読がきこえてくる
裏の家の大学生の声

ついで日本語の逐次訳が追いかける
どこかで発表しなければならないのか
よそゆきの気取った声で
英語と日本語交互に織りなし

その若々しさに
手を休み
聴いていれば

この失敗にもかかわらず・・・・
この失敗にもかかわらず・・・・
そこで はたりと 沈黙がきた
どうしたの? その先は

失恋の痛手にわかに疼きだしたのか
あるいは深い思索の淵に
突然ひきずりこまれたのか

吹きぬける風に
ふたたび彼の声はのらず
あとはライラックの匂いばかり

原文は知らないが
あとは私が続けよう
そう
この失敗にもかかわらず
私もまた生きてゆかねばならない
なぜかは知らず
生きている以上 生きものの味方をして






ライラックが咲き始めると 札幌は初夏です。
そのライラックが 今年は もう咲き出しました。
この時期に咲くのは 初めてだそうです ビックリ。
P1020135.jpg
白いライラック    花言葉     青春の喜び






今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
にほんブログ村
春植物 | ホーム | 未熟者
Comment
茨城のり子さん  私は恥ずかしながら知りませんでした
最近は本から遠ざかり、活字は新聞が多い
最後の〆のところがの厳しさがいいですね
>なぜかは知らず。。。  ほんとになぜ生きてるのか。。。
>生きものの味方をして。。。 力が足りないけれど。。。

本を読む人 好きです
ご無沙汰しています。
先日の記事。
朝日歌壇のホームレス歌人へのコメントをしようと思っていたら・・・
ライラック咲いちまいましたか?(ちょっと江戸っ子弁で・笑)
六月の花ですよね。
桜も早かったし。
あまり早い花から思わず連想するのは10代の子のお化粧です。
そんなに急がなくても・・と。

茨木のり子さんの詩!私も好きです。

茨城のり子さんの詩は ラジオ番組で知りました。
自分で本を選ぶといつも
ついつい同じ作家さんになるのですが
誰かが勧めてくれる本や
新聞やラジオで取り上げられたものを読むと
とても新鮮な気持ちになりますね

ただ 私は読む速度がとても遅く
本を読みながらうたた寝してしまうことも
たびたびあるのが 残念です

追伸・・・・ライさん 次々咲く花に 時間が
いくらあっても足りませんね。ずっと眺めていたいです。 

お久しぶりです!
お元気ですか?

今年は本当に 桜の開花が早かったですね
もう 稚内でも開花したそうです

そうなんです ライラック!
いつもは よさこいソーラン祭りごろですよね
ライラック=初夏のイメージなので
おいおい ちょっと待って!!と言いたくなります

赤い靴さん・・・・あまり早い花から思わず連想するのは10代の子のお化粧です
思わず 吹き出しました i-237
そして 同感!そのとーり!
10代はそのままで じゅうぶん 美しい
きめ細かいお肌なのに もったいない
と思うのは この歳になったからでしょうか。
でも やっぱり もったいないですね~~。