プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族。
主人と2人暮らしになりました。

立春を過ぎると
寒さ厳しい 如月でも 
どこか 遠くに 春を思うことができるようになります

少しずつ 早くなる 日の出
部屋に差し込む日差しの強さ

元気にしてくれます 

名言
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

緑の森


2015/11/08 17:14 えぞももんが

期待する


昔 OLをしていた時
上司に 「期待してるからね」と言われると
とたんに 重荷になって 普段以下の力しか発揮できないことが多々ありました。

だから わたしに もし いい仕事を望むことがあるとすれば
何にも 声をかけず いつも通りに接してくれて
ほっといて くれるのが一番。


今回 ちょっとしたことを 期待していた。
自分の場合と同じように
「黙して語らず」がいいだろうと ひたすら “黙” で 心の中で 期待。
でも・・・・・それでは だめなようです。

それじゃ伝わらないよ 
「お願い!!」と手を上げないと分からないよと教えてもらう。

そっか しゃあない 自分でするか。


そう 気持ちを切り替えた時
新聞の広告欄で
「自分に期待する」という本の題名を見ました。

いいね  “ 自分に期待する ”

これから どんどん歳が増える
体も言うことをきかなくなることも多くなり
嘆きたいことも 増えるんだろう
それでも 好きな本を読んだり
陽が差し込む部屋で ラジオを聞きながらコーヒーを飲んだり
そう言うことに 喜びを感じられるよう
自分に 期待しています


そうそう これから これから
いいことは 自分で作らないと。







今日は 主人と小雨の中 
初冬のウォーキング
P1030195.jpg
カラマツの黄金色だけになりました。




今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
    ↓

にほんブログ村




 
深呼吸 | ホーム | 野菜の味
Comment
えぞももんがさん

自分に期待するのには
いくらしてもいいね!

下重暁子さんが言うてる。
「家族という病」で。

日常から学ぶことの
多いこと、ねぇ!
自分に期待する

子どものころや 学生のころだと
「将来 こんな仕事について
バリバリ頑張る」とか
自分には もしかして いろんな選択肢があって 無限の可能性がある
なんて 凄いこと考えそうですが

いまは 小さな 幸せを ちょこちょこ探すこと そう言うことができるように 自分に期待している・・・ちょっと 貧乏性でしょうか?(笑)

追伸・・・・下重暁子さんの本、売れていますね。凄いね!!
ももんがさん おはよう
「自分に期待する」 ああ それいいなぁと思いました。

何かを決めて実行しようとしている時の「なにか」って
これは自分にできそうだ とか
これくらいならきっとできる、
と、すでに「できそうだ」と自分に期待できるものを選んでいる。
ぜんぜんできそうもないことには手を出していない気がします。
期待できることだからやってる気がする。
どんなことがあってもやり遂げねばならないなんていう、
重い期待はそこにはなくて、
「できなくてもまぁいいか、でもできると思う」
そんな軽い期待をしている時って
イライラしながら結果を待ってるんじゃなくて
楽しみだなぁできるかなぁと待ってるような・・

息子がある日ぽつりとひとりごと
「期待されても困るけど、ぜんぜん期待されへんのもなんだかなぁ~」 (笑)
いいですね~  風邪の無い日に
カラマツの黄金の針がキラキラ光りながら落ちていく
そんな光景 
そしてそれを仰ぎ見たいです  きっと感激

喜びは創りだすもの。。。。ターシャテューダー
彼女の庭の様子の写真&言葉 の本4部作
読んだことありますか?
いつだったでしょうか
フィリフョンカさんが “ひとり言”のブログに書かれていたのか 緑の森に置いてくれたコメントか・・・忘れてしまったのですが

これから先 いいことばかりでないことは十分わかっている。思いもよらないことがあって右往左往するかもしれないこともあるだろう。それでも これからの事を思うと どこか ワクワクする・・・って 書かれていました。
これは 自分に期待していることですね。
今までだって 山あり谷あり。
それを くっそ===っと 乗り越えてきた。だから これからも同じ。自分にどこか期待しているから ワクワクしますね。
他の人に期待すると イライラするけど
自分には しないところがいい i-179
追伸・・・・息子さんの一言。いやいや すんごくいい形で期待してるから 只今 建築中!!
ターシャテューダー
彼女の庭の様子の写真&言葉 の本4部作 !!
読みたくなると 図書館に予約して
読んでいました。
読み返したくなるのは いつも 少し気弱になっている時で 助けられています。
で、 一冊だけ手元のあります!

ターシャの凛とした言葉は読んだ後
いつも 背筋がピンと伸びますね。

追伸・・・・黄金色のカラマツは 少し風が吹くと パラパラと音を立てて地面に落ちます。そして 道が 黄金色になります。この風景も 見事で好きなのですが その後 本格的な冬になるので 切なくもなります。