プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

外に 洗濯物を干せること
半袖のTシャツで 歩けること
緑が濃いこと
花々が咲いていること

毎日 味わって過ごしたい
北海道の夏です。

名言
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

緑の森


2016/01/03 21:36 えぞももんが

新しい年が始まりました。

年越しは 主人の実家で過ごしました。

主人の実家は 小さな港町
窓から 赤い灯台と
ローソクの形をした すっと細長い岩が見えます

晴れていれば 家に居ながら
海から昇ってくる 初日の出を眺めることができるのですが
今年は 残念ながら 曇っていました


大晦日に義母と作った お正月の料理を食べてはウトウト
起きては また食べ
お腹がいっぱいになったら またウトウト

そんな 寝正月を過ごして帰ってきました

結婚当初には 考えられない 寝正月
ずいぶん 図太くなったことに
いい感じかもしれないと 思います。


少し 背中が曲がった様に感じた義母

くれぐれも 雪かきは 無理しないようにと
何度も 何度も 念を押して 帰ってきました








小さな港町のお正月は静かです
P1030395.jpg
旗で飾られた船が 港に つながっていて
つかの間の 休日

山育ちの私の目には 何度見ても
新鮮に見えます。



 
初夢 | ホーム | 1㎝前を見て。
Comment
えぞももんがさん 新年おめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願いいたします

親孝行されて帰ってこられたのですね
今年はいい事がたくさんありますように。。。

港町の様子はあまりなじみがありません
海が近く漁港が結構あるのにね
こちらの港は 猫がたくさん住んでいて、トンビもいて
そんな港町の様子が思い浮かびます

そちらはもう雪雪でしょうか
さくらさん
今年は 全国的にポカポカと暖かい
穏やかなお正月だったようですね

本州は4月頃の陽気と 天気予報で
聞いて びっくりしました
こちらも 帰って来るとき
雪ではなく 雨が降っていました
1月の雨は ほんとうに珍しいです
「やっぱり 冬は 雨でなく雪がいいよね」
などと言っていました

今年も よろしくお願いします! 
えぞももんがさん

新年、おめでとうございます。
今年もどうぞよろしくね!

明日、初売り
今日から準備と仕事です。

またはじまりました(*^^*)
あっという間に 今日はもう4日ですね

明日の初売りに向けて
今日から仕事なんですね
「パンの福袋 あるのかなぁ??」もしあったら
私 買いに行きます i-1

私も 今日から仕事でした
一日始めると 踏ん切りがついて
いつものペースになりますね
バスを待っている時
クリスマスや お正月ではない
いつも通りの 普通の日に ほっとしました
 
ももんがさん お久しぶり。

明けましておめでとうございます。
外傷性くもまっか出血で手足が不自由になったら人生も変わりました。
字が書けるようになったので年賀状を出したいけれど住所が分らないのでここから失礼します。

意識が回復したらパソコンもすっかり忘れていました。
1から教えてもらってまた始めました。
頭が悪くなりました。

食事の支度もなかなか順番どうりにいかず時間ばかり掛かる有様。
近所の人は私だということが分らないくらい老化してしまいました。
食事が取れなかったのでお化けになりました。

最近は少し食べられるようになりました。
ミス町内会は100歳のおばあさんになってしまいました。

でもいろいろ努力はしています。
良くはならないけれど現状維持できそうです。

いつも森の近くに住むももんがさんのブログを拝見していて今日は思い切ってメールしました。今年もよろしくね。


山芍薬さん
置いていただいた コメントを 何度も 何度も読み返しました。
何から お話したらいいか 分からないほど
いろんなことが 湧いてきます
そして その思いが空回りして どう言葉にしていいか・・。

山芍薬さん ご病気と闘っておられたんですね
心配していました。
藻岩山に登った時 野幌森林公園で珍しい花を見つけた時
山芍薬さんは お元気だろうか?と思いました
秋になり 自分の影法師が長く道に映った時
山芍薬さんとご主人の 影法師を思い出しました

今は 病気と共にの生活
一つ一つの作業が どんなに大変なことだろうかと
考えています
こうして パソコンにコメントを置いて下さったこと。
ほんとうに 嬉しいです
凄いことです
パソコンを一から教えてくれたのは 三男さんでしょうか?
(ずいぶん前になりますが 近況報告をしてくれたのも
 三男さんでした)

山芍薬さん
「近所の人は私だということが分らないくらい老化してしまいました。」
「ミス町内会は100歳のおばあさんになってしまいました。」
置いてくれた この言葉が 何度も頭を駆け巡るのですが
文章は 野菜作りをし モエレ沼公園に散歩に行き
家族の食事の用意を一生懸命していた時の
ままです。
山芍薬さん いろんな方の力を借りてください
料理も 最近 途中までできている便利なものも
たくさんあります
ラジオや音楽も 日常に力を与えてくれるかもしれません。

昨年 何度か
「もう そろそろ “緑の森”を 止めようか・・・」と
思った時期がありました。
でも 止めなくて 本当によかった。
山芍薬さん 本当に ありがとう。