緑の森

ARTICLE PAGE

乙女の姿 しばしとどめむ

あまつかぜ くものかよひぢ ふきとぢよ
  をとめのすがた しばしとどめむ
      
                僧正遍昭

(通釈)空吹く風よ、雲の中の通路を吹いて閉じかくしてくれよ、
    天上の乙女の姿をしばしこの地上にとどめおきたいから。



父の過ごす施設に寄ってみると
父が一生懸命 百人一首を覚えていました。
2月に かるた取り大会があるので 
それに向けて特訓をしているらしいのです。

P1030452.jpg
北海道の百人一首は 下の句かるたと言い
下の句だけを読みあげます
取り札は ホウノキなどの木でできています。

どんないきさつで こういった形になったのか
詳しくは知らないのですが
下の句だけを読みあげて簡単に、
そして 取り札は木製で・・・と言うのは
いかにも 北海道らしいと しみじみ思います。


小学校の5年生の時 学校で知った 百人一首。

をとめのすがた しばしとどめむ・・・・・は
絶対に 譲れない札でした。

一生懸命 百人一首の練習をする父から
通釈本を借りてきました

恋の歌が多いことに びっくり
平安時代の宮廷の雅な人々は恋が仕事だったのだろうか・・・
すこし 羨ましい。








P1030453.jpg
せをはやみ いはにせかるる たきがわの
   われてもすゑに あはむとぞおもふ 


下の句かるた
北海道に来たとき 探してみてください。
         



 
           

4 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/22 (Fri) 16:31 | REPLY |   

マドレーヌ  

(^O^)

母から木製の札のことを、お正月のたびに聞きました。実物を見るのは初めてです。こんな感じの札なんですね。ありがとうございました。

2016/01/22 (Fri) 17:05 | REPLY |   

えぞももんが  

鍵コメさん へ

コメントありがとうございます!!

娘さん 百人一首が好きなんですね
「ちはやふる」という漫画もあると聞きました

どんな句が好きなんでしょう
ガンバレ!!

2016/01/23 (Sat) 14:00 | REPLY |   

えぞももんが  

マドレーヌさんへ

マドレーヌさん
私は 逆に ず===っと 百人一首と言えば
これしかないと思っていたので
本家本元の 小倉百人一首を知った時
びっくりしました
上の句から読まれても
なんのことやら さっぱりわかりません(笑)

土地によって 違うものですね
調べていくと 面白そうですね

追伸・・・・今日は そちらも寒そうです 暖かくしてください

2016/01/23 (Sat) 14:05 | REPLY |   

Leave a comment