緑の森

ARTICLE PAGE

はい そうです。

昨日 バスターミナルでバスを待つために並んでいたら
私ぐらいのおばさんに顔を覗きこまれ
「あら~~松岡さん!!」と 声をかけられた。

私は 松岡さんではないのでキョトンとしていたら
その方は 私の顔をじっくり見た後
「あらっ 松岡さんじゃないのね
 いやだぁ ごめんなさいね
 凄んごくよく似ていたから」と 私の後ろに並びました。

そう言えば 前にも同じようなことがありました
同じ方面行きのバスに乗っている時・・・。
その時も 「本当に そっくりな知り合いがいて・・」と話されていた。

そうか 私に凄く似ている人が隣町辺りに住んでいる。
今回は “ 松岡 ” という 名前まで分かった。
松岡さんも もしかしたら 私の知り合いに
「あら~~ももんがさん」なんて 声をかけられていたりして・・・・。

次は 本人に会うかもしれない。


その時は どうしょう?
名乗りあおうか?
似ていると思いつつ 
「え~~私 こんな顔じゃない!!」とお互いに否定するかもしれない。

今度 同じ方面行のバスの中で
「あら 松岡さん 久しぶり!!」とまた 誰かに 声をかけられたら

「はい 私が 松岡です」と言ってみるかな。



いま読んでいる 不思議な感覚の本の影響で
こんなことを あれこれ考える。

「むかしのはなし」  作 三浦しをん
P1030481_201601261614180cc.jpg
NHKラジオ第一のラジオ文芸館で朗読されていた短編小説
「たどりつくまで」が とても印象的でした。
この短編が収録されている本を借りてきました。






外は寒い日が続きましたが
家の中は暖かなので
白の次に 紫のヒヤシンスが咲きました。
P1030482.jpg
紫のヒヤシンス  花言葉   初恋のひたむきさ

4 Comments

akemifa  

あるある〜

私も同じような経験、ありますよー。
うちの夫は新幹線の中で梅沢富美男と間違われ「隠したってわかるよー」とまで言われたとか。私には、ぜんぜん似てるようには思えませんが…。
似て見え方も人それぞれのようです。でも、どこか凄ーく似てるのね、きっと。
松岡さん、気になりますねー。
そしてこの本も。読んでみたくなりました。

2016/01/27 (Wed) 10:17 | EDIT | REPLY |   

くまはち  

母に掛かってきた、オレオレ詐欺の電話

ももんがさん
全く、別の話になるけど…。
以前、母の家にオレオレ詐欺的な電話があって。
その時は、相手の尻尾を出すためにも、わざわざ電話に引っかかったフリをしたことがあったそう。
相手は女らしかったのだけれど、本当にことば巧みだったとか。
(よぉやるなぁー、母^_^;)


たとえば、大勢の人ごみで、本当に、誰かに似ている…という人を見るってありますね。
私が思うのは、その人が、よっぽど大事なんだ、だから、その人の幻を見ちゃうんだなって思います。

松岡さん…いつも思われて、幸せかもしれませんね(*^^*)


2016/01/27 (Wed) 17:13 | REPLY |   

えぞももんが  

梅沢富美夫!!

akemifaさん おいていただいたコメントを読んで
凄く ご主人の顔を拝見したくなりました
「隠したってわかるよー」とまで言われた・・
あ~~どんな 感じなのでしょうか
もちろん お化粧なしの時のお顔ですね・・はい・・そうですね。

追伸・・・・akemifaさんの 夢の話を聞いて 私も今日 見た夢の話を
ブログに載せさせてもらいました。

2016/01/27 (Wed) 18:13 | REPLY |   

えぞももんが  

くまはちさんのおかあさん!!

くまはちさん
オレオレ詐欺の電話にだまされたふりをする
くまはちさんのお母さん!!
あっぱれです!!
きっと おれおれ詐欺の電話は
本当に 言葉巧みだと思う
それを 冷静に受け止めるって 凄いです

くまはちさん
自分に似ている人 会ってみたいような
会いたくないようなですね

2016/01/27 (Wed) 18:37 | REPLY |   

Leave a comment