プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

外に 洗濯物を干せること
半袖のTシャツで 歩けること
緑が濃いこと
花々が咲いていること

毎日 味わって過ごしたい
北海道の夏です。

名言
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

緑の森


2016/02/06 20:40 えぞももんが

駅にて


昨日のこと
JRの駅に入ると 高齢のご夫婦が何やらもめてる

2人は札幌方面行きの電車に乗りたいらしい
「こっちのホームの電車が札幌行きだ!」と怒っている おじいさん
「あっちのホームの電車が 札幌行きだよ」と 掲示板を見ながら説明する おばあさん
「違う!ばかか おまえは!」と おじいさん。

もめている二人の間に わって入って  
「いやいや おじいさん、おばあさんの言っていることが正解です」
 と、言ってあげた方がいいのか 迷いに迷っている時

おばあさんが
「ほんとうに 爺さんは頑固ものだね
 こっちの電車に乗ったら 反対方向に行ってしまうのに・・・。
 でも わたしは じいさんについて行くけどね」
と、あきらめたようにつぶやく
 
そうしたら 少し間をおいて 怒っていたじいさんが
「お前の言うとおりに してみるか」と 改札を出てゆく。


そっかぁ  深いなぁ  
2人の姿は 微笑ましいと言うことばではくくれない。
お互い どこかであきらめたり 支え合ったり
ため息ついたり 心の中で謝ったり そんな風に暮らしてきたんだろう。 

無事 行きたい方面行きの電車に乗ったおじいさんと おばあさん
きっと おじいさんは 
「お前の言ったことが 正しかったな」なんて 言わないんだろうなぁ
おばあさんも そんなことは 百も二百も承知。



小さなお雛様を飾りました
P1030519.jpg
この お二人も 山や谷 あるのでしょうか。


P1030521.jpg
作      実家の母

岡江久美子さんが 対談番組で
娘さんが結婚した時の気持ちを話していたことがありました。
「我慢と忍耐の世界へようこそ!!」
 


2月の暮らし | ホーム | ひょうたんからこまどり姉妹
Comment
えぞももんがさん
長く一緒にいると
油断したらお互いに雑になりますよねえ。
わたしの親は最後は憎しみ合ったまま終わったので、
どうありたいか自分で決めないとなあと
反面教師で思いました。
夫とはり合っちゃったときは
「そうかい、じい様、そうなのかい。
 あんたの言う通り。
 あたしゃあ最近ぼけちまったからねえ。」
と言ってます。
競争のワナにはまらないようにしています^^
思いっきり「いいね!」ボタンを押したくなりました。
駅で出会ったおばあさんと、えぞももんがさんと、岡江久美子さんに
「いいね!!!」
「そうかい、じい様、そうなのかい。
 あんたの言う通り。
 あたしゃあ最近ぼけちまったからねえ」と言うけれど
ぜんぜん ぼけていない ゆるりんりんさん
正解です!!

結婚して 15年くらいまで 夫婦喧嘩をした時のための
ジョーカーを3枚ほど持っていました(笑)
喧嘩のなった時 このカードを出したら
きっと 相手はぐうの根も出ないだろう・・
私の勝ちだ!フフフ・・・なんて 
それが20年を過ぎた頃から そのカードを
持っててもしょうがないことに気が付きました
どうでもいいかぁと言う感じで
そういう心境になったことに 少し嬉しかったりしていて
でも やっぱり 結婚は 我慢と忍耐かな
・・お互いに。 
   
akemifaさん この頑固なおじいさん
おばあさんの説明を聞きながら
自分の方が間違っていると
途中で気が付いたみたいです。
でも 「俺が間違っていた」と言えない。
「まあ仕方ない 今回は お前の言っている通りにしてみるか」という 雰囲気をかもし出していました。

これが 小さな幼稚園児のいざこざで
私が幼稚園の先生なら
「けんちゃん ちゃんと 花子ちゃんに謝りなさいね」と言うところですが
半世紀ぐらい一緒にいると思えるお二人
2人のルールがあるんでしょうね
札幌行きの電車が発車する5分ほど前の事でした。
岩見沢まで行ってしまわなくてよかった よかった