緑の森

ARTICLE PAGE

春の便り

ポストに 嬉しい便りが入っていると

家に入る前
エレベーターに乗っている間に 
どうしても 読んでしまいたくなる

その気持ちを
いつもなら ぐっと我慢して
荷物を片付け
お湯を沸かして 珈琲を入れてから
ヨシ!!と
ゆっくり 味わって 読むようにしているのですが

今日は 我慢しきれず 読んでしまいました。

レンゲの切手
宛名の下に 活き活きと描かれた ローズマリー
春満載の 便り

元気が出る
感謝




雪が ぐんぐん溶けて
一日 一日 外の風景が変わります
昨日と今日でさえ 違う景色になっている
 
毎年のことなのに すごいなぁと 感心します。

人間でいえば
いろんな技術や 知識を、 教えてもらった分
面白いように 吸収できる時期
中学生や 高校生の時期に似ている
だから その頃を 「青春」って言うのかぁ

春なんだなぁ。

さっき覚えたことも 右の耳の穴からポロポロポロ・・・と
こぼれ落ちていく私は 季節で言えば・・・・
冬に逆戻りしそうなので 
そんなこと考えるのは 止めにして 

春の便りを読み返す。 
P1030663.jpg

4 Comments

寧楽  

えぞももんがさん

春の便り
嬉しいですね〜。

わかる、すぐに
読みたくなる気持ち(^^)

ちょっとお茶淹れてからって
いうのもよーくわかる!

2016/03/16 (Wed) 11:39 | REPLY |   

えぞももんが  

寧楽さんへ

寧楽さん 空や夕日の色が
だんだん 春らしくなってきましたね
少し ほわんとした 優しい色
さっき 薄いももいろの夕日に 見惚れました。
そちらも 夕日見れたでしょうか?

私は 幾つになっても メールより 手紙派かも
しれません
貼ってある切手 封筒 便せん
そして 紙の感触
やっぱり いいですね

いま、ふと思いましたが 私はラブレター書いたことあっただろうか?
一度 書いてみとけばよかった!!
いまは 告白も プロポーズもメールなんだろうか?
・・・余計なお世話ですね(笑) 

2016/03/16 (Wed) 18:06 | REPLY |   

フィりフヨンカ  

ももんがさん 今日私も友達からステキな便りをもらいました。
このところ、どうも気持ちが落ち着かず
こんな時はアレだな 「めがね」だな となんとなく思ってました。
「かもめ食堂」も大好きな映画なのだけれど、
「めがね」の居眠りしながらでも楽しめる感が好きです。

人は死んだらどうなるのですか という問いに
さくらさんが「一度死んだら・・二度は死なない」
このセリフ、大好きなんです。
そうか、一度は死ぬけど二度も死ぬことはないのか、なあんだそうか。
そんなふうに なんとなく安心できるから。
一度なら がんばれる気がします。なにごとも。

友達からの便りにも
さくらさんは海辺のかき氷屋さん開店しただろうかね
たえこさんも有給とって島に着いたかな。
毎年毎年この季節に思うこと とありました。
同じようなこと思っていて うれしかったなぁ。
切手は 桜満開!
そして、ハガキには菜の花と蝶々、春を運んでくれた便りを
私は、読みたいのをぐっとこらえ
台所の椅子に座って、冷蔵庫で冷やしていた甘酒を
カップにうつして ごくっごくっ と飲みながら ゆっくり読みました。

電話もメールもいいけど、便りは やっぱりいいなぁ
何度も何度も読み返せるのも いいなぁ

2016/03/19 (Sat) 21:55 | REPLY |   

えぞももんが  

フィリフョンカさん おはよう

フィリフョンカさん きっとそちらは 空気が柔らかくなって
桜が咲き始めたことですね
こちらに桜が咲き始めるのは 一カ月後
桜前線は ゆっくり ゆっくり 1カ月かけて
北海道に来るんですね
私がいつか いつか実行してみたい旅
それは 「めがね」の南の島に行って
海を眺めながら “たそがれる”

フィンランドに行って 森を歩いてみる

そして 桜前線と共に北上する

フィリフョンカさん どの旅がいいですか?
いつか どの旅か 一緒に行きましょう!!
(お金 貯めなきゃいけないけれど
 それまで 足腰鍛えて )

フィリフョンカさん 便りは 心の何かに反応して
間違いなく 私に元気をくれる
ぽっかり空いた時間 「そうだ!」と思って 読み返す便り。
その時は いつもより 丁寧に珈琲を入れます
封筒の余白に描かれたイラスト
呟かれた ひと言
わざわざ 選んでくれたと思える 切手
時には 新聞の切り抜きや
入浴剤や ティーパック お菓子まで入ってたりする
こんなに 楽しめるって 便りは 凄いです

季節が変わると 便りを出したくなる
そう思った時 以心伝心の便りが届いたりする
嬉しいですね

フィリフョンカさん
世間は 卒業 新生活と 賑やかですね
気持ちが少し 浮足立ったりするけれど
季節の 変化だけを 眺めて ゆったり過ごす
いつか そうありたいですね

2016/03/20 (Sun) 07:27 | REPLY |   

Leave a comment