緑の森
緑の公園の近くに住んでいます 季節の流れに沿って生活したいと思っています

びっくり

母と街で待ち合わせをすると

待ち合わせ場所のベンチにこしかけて
初めて会った人と 親しげに 必ず話をしている母

昨日は

大正12年生まれの方 
17年前にご主人をなくされて
今は 一人暮らしをされているそうです
少し離れたところに 娘さんが住んでいるとか。

参議院選挙、誰に投票するべきか
候補者の演説を聞くために街角に来られたそうです

「ここにね おにぎりとお茶を持ってきたのよ」と バックを指さす
ほぼすっぴんの肌は とても大正生まれの方とは思えない 色つや。

「夫婦で札幌にこしてきて 7年になるけれど
 あなたほどお元気な方を見たことがない」と母

「いつか また 会えたら いいですね」と お別れする。


選挙のために 候補者の演説を聞きに来られた
背筋がピンと伸びた 大正生まれの方にびっくり

短い時間に いろんな情報交換をしていた母にもびっくり

両親が 札幌に引っ越してきてもう 7年たったのかと 改めて びっくり




居間のカウンターの上に 故郷の写真を飾っています。
すっかり 色あせてしまって
しまっておいた方がよかっただろうか・・・
P1040371.jpg
いや いや 色があせた分
こうして時間の流れを感じることも わるくない 


Post comment

管理者にだけ表示を許可する