緑の森
緑の公園の近くに住んでいます 季節の流れに沿って生活したいと思っています

昔 おやつ

向田邦子さんのエッセーの中に
「昔カレー」という項目があります

子どものころ食べたもので 何が一番おいしかったか、という話になったとき
〝コマ切れの入った、うどん粉で固めたような” 母親が作った
カレー が思い浮かぶ・・・
でも、あの時のライスカレーは、本当においしかったのだろうか・・・というような内容に

「 思い出はあまりムキになって確かめないほうがいい。何十年もかかって、
懐かしさと期待で大きくふくらませた風船を、自分の手でパチンと割ってしまうのは
勿体ないではないか。
 だから私は、母に子供の頃食べたうどん粉カレーを作ってよ、などと
決していわないことにしている」

と、むすばれています。


高校を卒業するまで  田んぼと畑と山に囲まれた 故郷に住んでいました。
近所にお店もなく  今のように少し行けばコンビニ・・という時代でもありませんでした
子供の頃 時折 おじさんが 自転車の荷台に水あめの缶をくくりつけて売りに来ました。
割りばしに 水あめを絡ませ それを2枚の薄いまあるいせんべいで挟んだ お菓子

これが 大好きでした

道の遠くのほうに 飴売りのおじさんがやってくる姿が見えると
嬉しかった
今でも 無性に食べたくなる時があります

でも、向田邦子さんの言うように
あれは ほんとうに 美味しかったのだろうか?

子供の頃 ケーキは年に1度か2度 食べることができるもの
運動会に食べられるバナナが 楽しみだった

くたくたになるまで 田畑を 駆け回って遊ぶから
いつも おなかがペコペコ

あの時代だから
あの環境だから
美味しかったのだろうなぁ・・・

私も 
懐かしさと期待で大きくふくらませた風船を、
自分の手でパチンと割ってしまわないでおこう




雪のなか キラキラ輝く粒
これが 全部 宝石だったら すごいなぁ・・と、よく考えました 
P1050290.jpg

 

Comment

おはようございます。
なんかイメージが変りましたね。

そうなんですよね、昔の思い出って、大きくなって訪ねると随分違ってる事が多い!
向田邦子のエッセイの中に上の記述を読んだ記憶があります。
彼女の言ってる事はなぜか心に残る文章が多い気がします。

日本は今、積雪がすごいとニュースでみました。
こちらも寒いけど、雪は私の住んでるところでは降りません。
暖かくしてお過ごし下さい。
2017.01.14 21:38 | URL | マコ #- [edit]
マコさん おはようございます
今朝も 冷え込んでいます。

手の指先が かじかんでいます
毎冬思うことですが 真夜中よりも
明け方近くが ぐんと 温度が下がるのを感じいます

子供の頃 山に囲まれたところに住んでいたので
初めて海を見た時 その大きさと広さに驚きました
空まで繋がっているんだとびっくりしました
それが 少し大きくなって 海を見た時
「あれ?もっと もっと 大きい気がしたのに・・」と
感じたことを 思い出します。
自分の身長が伸びて 目線が変わったこともあるけれど
自分の中の海が きっと 大きく 大きくなっていたのでしょうね

向田邦子さんのエッセーは
いろんな 景色が 浮かんできますね
何度も 何度も 読み返しています。
2017.01.15 06:59 | URL | えぞももんが #- [edit]
えぞももんがさん
おはようございます^^
そちらでは珍しくないでしょうけど
昨日からこちらでは雪が降って積もっています。
少しなのですが
これがまた良く冷えて、なかなか暖房もきかないです。

カレーや水飴の話。
なんだか昔の話は、本当にほっこりしますね。

今は何もかもが恵まれすぎてて
本当にこれでいいのかなと感じてしまいます。

水飴などは売りにきてくれませんがたまに夏にはわらび餅を売りにきてくれます。
四季を通して毎週土曜日にはパン屋さんが音楽を鳴らしながら家の前に車を止めてパンを売りにきてくれます。

そういう景色って何がどうってことはないのだけど、平和だなあと思います。
2017.01.15 08:45 | URL | とも #- [edit]
えぞももんがさん

思い出って
なんとなく大きく温かく
なっていくものかもね。

スマホからうまいこと
届くかな?!
2017.01.15 11:00 | URL | 寧楽 #- [edit]
ともさん へ
ここ数日 全国的に寒さが厳しいようですね
今日も 寒いですか?

雪! 降ったんですね。
北海道は 寒さにも段階があって
雪が降っている時のほうが気温が高いんです
-20℃ -25℃・・・30℃・・と寒さが厳しくなると
雪は降らず 晴天。 カッキ~~ンと何もかも凍ったようになります

ともさん 
わらび餅を売りに来るんですね
見てみたいなぁ・・・
昔 仙台に行ったとき 磯辺焼きの屋台を初めてみました

パン屋さんもいい!
ラーメンやおでんを 屋台で食べる・・・
こういうことも してみたいです。(笑)
2017.01.15 15:21 | URL | えぞももんが #- [edit]
寧楽さん へ
コメントちゃんと 届いていますよ!!
ありがとう

今日は そちらも寒いんではないですか?

そして 日曜日の午後
唯一 ゆっくりできる時間。過ごせていますか?

思い出は 不思議ですね
ふとしたした時 思い出す
土の匂いだったり ラジオから流れてくる曲だったり
それが ほんとうに ありありと 昨日のことのように思い出す
人は 不思議ですね

寧楽さん 暖かくして 過ごしてくださいね
2017.01.15 15:31 | URL | えぞももんが #- [edit]
懐かしい(о´∀`о)
ももんがさん
そちらは雪、大丈夫ですか?
こちらは多分、節分過ぎた辺りが雪の時期です。


中学生の頃かなぁ…。
調理実習で、ルーから作るカレーライスを作ったのですが、何かひと味足りなくて…。
そうしたら、先生が、カレールーを入れだして。
つまり、ドーピング(笑)
多分、味云々より、本来カレーは、こうして作ってるんだ、というのを知ってもらいたかったのだろうと思います。


駄菓子の水飴は、2種類程あって、そのうちのひとつが印象的でした。
まだ固い水飴のかたまりに、割り箸が2本刺さっていて、飴をオブラートで包んであった記憶があります。
飴の色は何種類かあったけど、味は結局、皆同じ(笑)


そうですね。
駄菓子って、色とかキラキラ具合とか、謎のパッケージで美味しい気にさせられてたのかもね。
何の変哲も無い建物も、きらびやかなパッケージの駄菓子が、魔法のお城に見えてしまう…。
客の私達も、魔法にかけられていたのかもなぁ…。
魔法の城…というより、タヌキのお宿だったのかもしれませんねぇ。
2017.01.16 07:11 | URL | くまはち #- [edit]
イランカラプテ
ももんがさんこんにちは

通学時、地吹雪になり、学校へ着いた頃は耳が凍えて

大きなストーブがじわりじわりと解凍してくれました。。。

真剣に学校へ向かおうとしていた自分が愛おしい思い出です。

イランカラプテ素敵ですね。この言葉!
2017.01.16 16:58 | URL | モモミイママ #a2H6GHBU [edit]
くまはちさん こんばんは
そうでしたね
中学校だったでしょうか
調理実習でカレーをルーから作りました!
懐かしいなぁ
バターと小麦粉?だったでしょうか?
できたカレーは薄い黄色
なんだか 妙に脂っぽかったのを 今でも
思い出します
小学校で初めての調理実習は ほうれん草の炒め物
だった気がします
駄菓子屋さんが タヌキのお宿!
いいねえ タヌキのお宿があるなら 泊まってみたい
気がします  
2017.01.16 22:32 | URL | えぞももんが #- [edit]
モモミイママさん こんばんは
モモミイママさんも もしかして
小学生の頃 教室の暖房は石炭ストーブだったのですか??
そして そのストーブの上には 蒸発皿?
日直は 石炭を運ぶ仕事と 蒸発皿の水が
無くなってしまわないようにする仕事でしたか?
給食の牛乳は 蒸発皿で温めて・・・
あ・あ・・懐かしすぎて 話が止まりません

ものすごく冷え込んだ朝
登校してきた皆が ストーブを囲んで
暖まっていた時 一人の男子の耳が
凍傷で見る見るうちに膨らんで ダンボのようになりました
みんな びっくりして
「せんせ~~〇〇君の耳がたいへんです」と 
職員室に呼びに行ったのを思い出します(笑)

あの頃の 教室 給食 寒い朝・・・
今は 全部が 懐かしいですね 
2017.01.16 22:46 | URL | えぞももんが #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する