FC2ブログ

晴れた日は
部屋に入ってくる陽の光が
ずいぶん強くなって
ストーブを消してもいいくらいになってきました

今週末は 桃の節句

実家の母が 
使わないもの
着ないもの
日常生活で なかなか出番がないものの
整理をしています

断捨離というほどでもなく
終活でもなく

もっと ゆるりとした感じです

「吊るし雛、これも もう 整理しょうかともうのだけれど」と 母が言う

長さ120センチほどで いろいろな飾りが45ほどついている
裁縫はボタン付けぐらい
あとは 一切できない
したことがない私も
これを ひとつずつ こつこつ作るのは
気が遠くなるほど 大変だっただろうと
推測はできる

なので 断捨離として 捨ててしまうのは とっても忍びない

ふと お孫さんが生まれた 友人の顔が浮かんできて
「もらってくれるかな?」とメール

 快諾してくれた

数日後 飾られた吊るし雛の横にちょこんと立った可愛い女の子が
「ありがとうございました」と お辞儀してくれている動画が
送られてきました

おじぎの練習を何度もしてくれたという


捨てるではなく 
こうして 繋げてくれたことの 優しさと
私も 孫がいても 全然おかしくない歳になったことの再確認

春だなぁ



母は この吊るし雛を 3セット作りました
P1080162.jpg





P1080167.jpg
作     実家の母

いつも通り

ひねもすのたり

comment iconコメント ( 2 )

えぞももんがさん

いつもながら
お母さんの吊るし雛は
素晴らしいです。

いっぺんに部屋の中が
華やぐ。

なによりこころをこめて
作られたものの温かさに
勝るものはない!と思います。

大事にしてね。
その譲られた方もだいじに
してくださるね、きっと。

名前: 寧楽 [Edit] 2018-02-27 11:15

寧楽さん ありがとう

吊るし雛の由来を調べたことがありました
経済的な理由で
お雛様を買うことができなかったお母さんが
娘のために 古布や自分の着物を使って
小物を作り 飾った・・・
食べ物に困らぬように
着るものに困らぬように
健康でいられるように
美人さんになるように
ひとつ ひとつ 理由があって
親の気持ちが 痛いほど伝わってきました

母の吊るし雛を もらってくれたのは
高校時代の友人なんです
お孫さんの顔を見たら なんだか ジ~~ンと
きました(笑)

名前: えぞももんが [Edit] 2018-02-27 16:25

コメントの投稿