FC2ブログ

毎朝 届く 地方紙には 「いずみ」という投稿欄があります。
投稿できるのは 女性のみ

数日前に 「コウノトリ」という投稿をよせていた
若い お母さんがいました

以下 「いずみ」より 抜粋ですが・・・・・・

私は昨年9月に男の子を出産した。
自宅へ戻ってまもなく、息子の首の後ろに赤いあざがあることに気づいた。
当初はそのうち消えるだろうと気にしていなかった。
しかしある日、私は無意識にスマホで「赤ちゃん 首の後ろ 赤い」と
検索していた。心のどこかで気になっていたのか。
そして、検索するうちに、赤いあざを神秘的に見る話があることに気づいた。
それは「コウノトリが絶対に落としてはいけないと、大事に大事に
運んできてくれたクチバシのあと」だというのだ。
もちろん、おとぎばなしの類だが、私の頬は思わずほころんだ。


この方は 3度目で やっと授かった赤ちゃんだそうです。

わが子の首のあざを見るたびに、コウノトリが大事に運んできてくれた
証だと思い、いとおしい気持ちになる。

と 結ばれています。

暮らしの中で
「不思議だな・・・」と思う  瞬間があって
でもそれは 今だと 科学とかで ちゃんと説明のつくものかも
知れないけれど 
もしかすると 説明できない こともあるかもしれないし
「不思議だね」で 止めておく方が 楽しいことも多い気がします


「旺明(おうめい)」君と名付けられた
赤ちゃんは  きっと 
コウノトリが大事に大事に運んできてくれたに
違いないと 「いずみ」欄を読んで 思いました。






森で おばあちゃんと柴犬が散歩していました
すれ違う時 「こんにちは」と 元気に声をかけてくれた。
P1080249_20180318145806961.jpg

大事に大事に飼われているせいか
柴犬は コロッコロです 

新生活

衣替え

comment iconコメント ( 2 )

コウノトリ、私も読みました。

嬉しい様なほっこりするお話しでしたね。

娘も5年も治療しつつ2度も流れて治療を辞めて、お母さんに孫を抱かせてあげられないと、治療も今と違い支援がなくとても高額でした。

お母さんは「全然問題ないよ、あなたたち二人が仲良く過ごせることが一番」と話しました・・・

それからまもなく転勤で東京へ行きましたが
数か月後長男がお腹に授かりました。環境が変わったからでしょうか。。。

コウノトリが運んできてくれたのですね~

今も子供の事でいろいろ心配がありますが、頑張る娘を私は応援しています。

追伸、おばあちゃんオヤツを上げ過ぎてはいけませんよ~私もですが("・∀・)イイ!!可愛いからついついね!

名前: モモミイママ [Edit] 2018-03-18 15:39

モモミイママさん おはよう

今朝は さっき 雪がちらついていました
真冬の気温のほうが 間違いなく低いのに
春先の 雪の表面を駆け抜けて
やってくる風の冷たさは 身構えますね
かえって寒く感じる時があります

モモミイママさん 私は 孫がまだいないので
孫の可愛さは どんなだろう?と 想像するときがあります
「子供には 自分と同じ苦労は できるだけ させたくない」
なんて 思いながら 育てた記憶があるのですが
孫に対しては どんな感情が生まれるのだろうか? 

ころころに太った柴犬を連れた おばあちゃん、
ニコニコと とっても元気な方でした
振り返って レンズを通してみた
おばあちゃんの姿は
なんとなく 鼻の奥の方が痛くなりました

名前: えぞももんが [Edit] 2018-03-19 08:31

コメントの投稿