FC2ブログ

朝 カーテンを開けると
目の前の風景に 雪が無くなりました

気まぐれな春の天気
まだ 寒さが行ったり来たりして
朝起きてみると 季節が逆戻りして
一面の雪景色
そんなこともあると思うのですが
雪融けは 進んでいます


ぐんぐんいろんな芽が出てきます
一番成長が早いのは
冬を越した じゃが芋の芽
ちょっと 油断すると 得体のしれない生物のようになってしまいます

そうなる前に できる限り 消費

昨日から 芋餅をたくさん作りました
芽を取り 皮をむいて茹でて 片栗粉を加えて丸めるだけの
シンプルなものです
黙々と作り 冷凍しました
P1080352.jpg
 







この季節思い出すのは
ずいぶん前のNHK連蔵テレビ小説「ちりとてちん」で
渡瀬恒彦さんが よく言っていた 落語の一節


野辺へ出て参りますと、春先のことで
空にはひばりがピーチクパーチクさえずっていようか、
下にはレンゲ、タンポポの花盛り、陽炎がこう燃え立ちまして
遠山にはパーっとかすみの帯をひいたよう、
麦が青々とのびて菜種の花がいろどっていようかという本陽気、
やかましゅうゆうてやってまいります、
その道中の陽気なこと…



こちらは
レンゲやタンポポが咲くのは もう少し先ですが
福寿草が開き始めました
P1080290.jpg
福寿草      花言葉       幸せを招く


住む場所

散歩

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿