FC2ブログ

今日も 暮しの手帖の話をちょこっと


東京都狛江市のとある団地の一角で
花屋さんをしている女性の話が載っていました。
真っ白な頭にエプロン姿の松山まさこさんは
14年前、息子さんと娘さんが独立し、
ご主人がリタイヤした60代でお花屋さんを始めたそうです

60代は花の仕事
70代になって花市場に通う体力がなくなったら
陶芸を始め
80代からは 糸紡ぎや織物をしようと思っていた

ご主人の他界・・・いろんなことがあり
計画通りにはいかなかった



人生はなんでもありだから、
思い通りにいかないことも多い。
うまくいかないときには、
どう柔軟に考えるかが大切ね。
これって、なかなかスリル満点よ。

           松山まさこさんの言葉  




100円で仕入れたお花を200円で売る
500円で仕入れたお花は600円で売る
どちらも 利益は100円

雅子さんの花屋が ご近所だったら 
楽しかっただろうと思いながら読みました。






スプリングエフェメラル(早春植物で春の妖精)の
代表選手
エゾエンゴサクが 咲き始めました
P1080722.jpg




P1080733.jpg
蝦夷延胡索   花言葉   妖精たちの秘密の舞踏会 


ゲロゲロ

ワンピースのひと

comment iconコメント ( 1 )

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2018-04-12 21:46

コメントの投稿