FC2ブログ
プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族。

2月 如月

道北の寒さ厳しい場所で
生まれ育ったので
2月は 一番 寒い月。
そういう 思いで過ごす如月。
それでも 冬の後半と思うと
土や 緑や 花や 野菜を想像して
顔が緩みます。
もうひとふんばり。

名言

地球の名言 -名言集-

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

雨水

今日は 
二十四節気の 雨水(うすい)
空から降ってくるものが
雪ではなく 雨に変わるころ だそうです。

こちらも 先日は 雨が降りました。

雪でも 真冬とは違った
湿り気の多い
一片が 大きな ぼたん雪が
ゆらゆら ゆらゆら降ってきます。

通り過ぎる人の中に
新生活の準備をしていると思われる
親子の姿を ちらほら 見かけるようになりました。

手に カーペットを持っていたリ
小型の家電商品を持っていたリ

そう言えば 次男がオホーツクに
出発したのも 今頃でした

赤帽車に ほんの少しの引っ越し荷物を積み
運転手のおじさんのご厚意で
助手席に 乗せてもらって
新しい土地へ。

あの日は 雪でした。

今年の春で
4年目になります。



施設の父からの電話
「○○(次男)は 元気かい?
そろそろ 転職して
こっちに帰って来たらどうだろうかな」



「そうだね
本人が決めるのが 一番だと思っててね 
遠くから 見守っている」 
そう 答えたのでした。






P1020556.jpg
ニンジン 少し大きくなりました。



その場所を選び
迷いながらも そこで頑張っているのだから。
それで いい。


コメント

No title

えぞももんがさん

こちらも寒いんです。
雪が降ったりしてね。
豪雪地帯のところに比べれるような
雪ではないけど。

なんだか、ざわざわと忙しく
お雛さんはまだ出てない、今年。

急がずに旧暦でもいいかと
勝手に思ってます。

はよ、出したりって話やけど

息子さんたち、それぞれの場所で
頑張ってるね。

長男もそうです。
ものすごーい勢いで引っ越して
2年が経ちます^_^

居場所

 我が家の2人の子供たちは この春 居場所が変わります。  1人はまだ変わるか?ですが、、、   本人たちの望んだことだけど 親としては心配満タンです。
親がどれだけ心配しても 何も変わらず、、、  本人たちが乗り越えて 居場所を変えて良かったなぁ〜と言える日が来ることを願うだけです。   そう!もう遠くから見守って 心の中で応援するだけ、、、
頑張り過ぎないで ガンバレ❗️

追伸

お父さんのおじいちゃんの気持ちも よくわかりますね。  そんな気持ちも 見守ってくれる親の気持ちもう受け取って 次男さん頑張ってるんですね!
居場所変えても変えなくても 親の気持ちは同じですね〜

寧楽さん おはよう

息子さん もう2年になるんですね。
早いなぁ
あちらの土地 仕事 食べ物 ひとり暮らし・・
考えると ひとつひとつが 心配になるけれど
春夏秋冬を 二回過ごし
すこしづつ 慣れた頃ですね  
料理のレパートリーもふえたかも
そして きっと たくましくなっていますね
(もとから しっかり者で心優しい
 お兄ちゃんでしたね)
飛梅 咲いているでしょうか。


こちらも 昨夜から 雪が降っています
雪の結晶が しっかり見えるぐらいの
大きな ひとひらです。

寧楽さん 暖かくして過ごしてくださいね。

ななはちさん おはよう

この春 ななはちさんのお子さんは
スタートの年なのですね。
そう 頑張りすぎずに ガンバレ!!

この歳になって思うのは

自分の意に反した仕事をしていても
自分の望んだ仕事をしていても

街に住んでいても
地方に住んでいても

たっくさんの 山があって谷があって
「よかった」と思うことより
「あ・あ・・」とため息の方が多い

それが 人生なんだなぁ
(相田みつを風)

今の息子にとって 適切なアドバイスを
してくれるのは 近くにいる 職場の先輩や
上司かもしれません

親は 帰省した時 話を聞くぐらいですね。

ななはちさん
忙しいと思いますが
頑張りすぎずに ガンバレ!

No title

えぞももんがさん

ご無沙汰しております。
覚えて下さっているかしら。
以前、ゆるやかな時間、というブログをしていた、さらです。

ふと訪れるたび、かわらなく在って下さるこの場所。
まとめて記事を拝見しては、そうそう、と、気持ちを重ねたり、
かわらないえぞももんがさんの深い思いに胸がいっぱいになったり…。

前にブログに綴っていた赤ちゃんとの日々。
あの赤ちゃんは、11歳になりました。
弟は6歳。そして、妹は3歳。
がまくんとかえるくん、今も子供達と楽しませていただいております。

コロナは、言葉にならないほど大変で、人生観が大きく揺るがされるほど
苦悩に満ちた日々を送っていました。

くれぐれもお元気で

またお邪魔しますね。

さら

さらさん へ

さらさん 
なんて 嬉しい日でしょうか。
コメント 本当に ありがとう

もちろん 覚えています。
なにから 話せばいいのでしょうか
あせってしまって さっきから 入力ミスばかりしています。

まず あ・あ・・すごいです!
あの時 赤ちゃんだった ぼくちゃんは
11歳!!
そして そして さらさんは3人のお母さんなんですね。
きっと お兄ちゃんは
さらさんの いろんな支えになってくれていますね
弟君は やんちゃくんですか?
そして おじょうさん!
可愛いでしょうね

きっと 寝る暇もないくらい忙しくて
子育てに お仕事に そして研究熱心なさらさんのことだから
勉強もきっとされているのでしょうね

その上 コロナウイルスの感染拡大・・・
「言葉にならないほど大変で、
人生観が大きく揺るがされるほど
苦悩に満ちた日々」さらさんのこの言葉が
すべてを物語っていますね

どうか ほんとうに お体を大切に・・

忙しいなか 
緑の森を 訪ねてくれている
ほんとうに 嬉しいです

私は 何ができるでしょうか?
言葉 思いつきません 

もし とても疲れて
なかなか 眠りにつけない時

私から さらさんへ この曲を

アンディ・ウィリアムズ
 May Each Day


あなたの人生のそれぞれの日が、
良い日でありますように。


今日は 本当にありがとう

追伸・・・・可愛い お子さんが 3人!嬉しいなぁ。  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

言葉が 届きます ように

ここに置いてくださった コメントを
読みながら
気持ちが 届きますようにと・・・思っています。

涙が出ます
本当に 闘いの日々。

私は 昨年60歳になりました。
時間をさかのぼることができたら
もう一度 やり直したいですか?と
聞かれたら 「いいえ」と答えます。
同じことを 繰り返す 勇気がありません
きっと 今までの選択は そう選ぶように
決まっていたと 思うのです。

選んだ道が 正解。
苦しいけれど 正解です。

全面的に 応援します。
でも お体を 絶対 大切にしてください。  
非公開コメント