プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

外に 洗濯物を干せること
半袖のTシャツで 歩けること
緑が濃いこと
花々が咲いていること

毎日 味わって過ごしたい
北海道の夏です。

名言
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

緑の森


2011/02/22 06:15 えぞももんが

日々の ちょっとした事・・・。

だんだんと 日の出の時間が早くなってきました。

でも まだ 起きた頃は 真っ暗です。
お弁当を作り終わって
ほっと一息

窓の外を 眺めると
マンションの窓の灯りや
一戸建ての家の灯りが
ポツン ポツンと 点いている

この灯りを眺めるのが好きです

あそこでも 同じように お弁当を作っている お母さんがいるのだろうな・・・

そう言えば 息子達に 2時間おきの 授乳をしていた頃も
こうして まだ暗い窓の外を眺め
そこに点いている
一つ二つの 家の灯りに

あそこでも 赤ちゃんに ミルクをあげている お母さんがいるのかもしれない
そう思うと 嬉しくなった


ついつい 自分ばかりが・・・・
と、思ってしまいそうになるけれど

そうではないよ・・・と、家の灯りに
励まされたり
戒められたりしています



東の空が 明るくなってきました
今日も いい天気になりそうです
P1120115.jpg
雪解けが進みます






                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                        ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



最近のお弁当たち


P1120032.jpg   P1120047.jpg   P1120054.jpg   P1120056.jpg   P1120088.jpg   P1120090.jpgP1120091.jpg   P1120093.jpg   P1120099.jpg   P1120103.jpg   P1120113.jpg P1110953.jpg   P1110962.jpg   P1110973.jpg   P1110979.jpg   P1110980.jpg   P1110994.jpg   P1110998.jpg   P1120015.jpg   P1120016.jpg   P1120017.jpg









  




   





雪解けの条件 | ホーム | 雪解け
Comment
私も、以前、朝早くに起きてお弁当を作っていたらまだ外は暗くて、
空にお月様がまだ綺麗に見えていたので、思わず友人にメールしたら、
同じように友人もお弁当を作るため起きていて・・・
「この時間に、一緒に起きて、お弁当作ってる人がいるって、嬉しいなぁ」と返事をくれたこと、思い出しました。
一人じゃないって、たしかに、いいですね。
えぞももんがさん、おはようございます。

早朝や夕暮れの
家の灯りや台所から
流れる匂いや音って
どうしてあんなにホッとするのかな?

やっぱり人の気配かなぁ

天使のはしご、昨日
私も見ました。

ちょっと神々しく
思ったりして…。

昨日、娘が駅に期間限定でだしているスイーツ
のお店でプチシューを
買ってきてくれました

ラッキー!
えぞさん、こんにちは。
お弁当、どれも美味しそう!何より愛情たっぷりですもんね♪
私、変な日課があって、新聞紙の日の出日の入りを毎日チェックします。
これは、一年中です。
毎日見てたって、急な変化などあるわけもないのですが、昔から好きなんです(変)
夕方は、とても日が長くなった気がして嬉しいですね。
明日早いのに、そんな日に限って眠くなく、ネットしています(;^_^A

お弁当、見事です!!
明日は月に二回の給食なので、お弁当は無しなのですが、明後日、海苔弁決定です☆
ちゃんとちぎってある海苔に、ももんがさんの優しさを感じます。
そういえば、海苔弁したことないかも?!
自分は大好きだったのに、忘れていました。ありがとうございます☆

千春妊娠後期、どうしてもだらけて昼間散歩に行けず、毎朝蛙の出勤に合わせて、散歩していたんです。
確か、6時半出発でした。
蛙の会社まで歩くと20分だったので、行って帰って40分、ちょうど良かったんです。

その時、行きにパン屋さんはもう電気が点いていて、帰りになるとケーキ屋さんにも点き、パン屋さんからは美味しいパンの焼ける匂いがしたんです。

あー、みんな、朝早くから頑張ってるんだなーっ!よし、私も頑張ろ!
って、毎日思って歩いていましたよ。
ふと 外に目を向けると
悶々と 考えていたことが
スーーーっと すっきりしたり
しますね
だから 朝は まず どんなに寒くても
窓を開けて 新しい 空気を入れます
そして 外を 眺めて ヨシ!
こんな感じの朝です。
いろんなところで いろんな朝が
あるんですよね i-176
頑張っているのは ひとりだけ ではない…当たり前ですが i-229
寧楽さん
私の仕事の帰り道
だいたい 夕方5:30から 6:00 くらいなんです
そうしたら 歩いていると
夕飯の支度の 匂いがしてくる
カレーだったり 魚を焼く匂いだったり
煮物の匂いだったり
「あ!ここは すき焼き!!」とか i-176
あ・あ・・みんな ご飯作っているんだな~と思います。
その香りが とっても やわらかくて
優しくて・・・すきです。

追伸・・・・うちも 昨日 実家の両親が 買ってくれた スイートポテト i-178 食べました!甘いものは疲れがとれますね i-228
日の出 日の入りの チェック!
あ~~なんかとっても 
良いです!!
毎日だと 1分ずつ くらいなのでしょうか?
それとも もっと 遅いのかな?
昇ってくる おひさまの 方向も すこしづつ 移動していて
そういう ちょっとした変化に
季節の 移り変わりを感じますね
私も 真似して 日の出日の入り
チェックしてみます。 面白そうですi-176

追伸・・・・今日から 次男は 期末テストです。ちょっと お弁当作りが楽です i-205
saguchiさん おはよう

そうなんです!
家やマンションの灯りもそうだけど
早朝から付いている
倉庫の灯りや 小さな会社の灯り
お菓子屋さん
それに 朝早いバスなのに
けっこう人が乗っていたりする・・・
普段は 気に止めないのだけれど
こんなに 朝早くから 仕事をしている人がいるんだな・・・・そう思うと
「わたしも 頑張ろう」って思います
saguchiさんちの蛙さんも
6時30分出勤って かなり早い!!
偉い!!

追伸・・・saguchiさん 「みんなののり弁100レシピ」と言う本が出てるんです。
これ 見てるだけで 面白い。今度 図書館で探してみてねi-176
こんにちは
ほんとに朝明るくなるのは早くなりましたね
どんなに遅く寝ても朝6時には目が覚めてしまうばあばです
一人だからそんなに早く起きること無いのに~
一人の朝飯を作り一人で食べて・・・
家族がいたころ子供がいたころ
朝のあの慌ただしかった頃を懐かしく思います
ももんがさん、そういえば、のり弁の本、前に紹介してましたよね?

是非とも見てみなくては!!すっごくおもしろそうです☆


蛙は、普段はそんなに早く出ないのですが、行く場所や現場によって、早かったりします。

確か、2月3月は忙しいんです。
千春は3月産まれなので、ちょうどその時期だったんですね、きっと。
そういや、去年、幼稚園の入園グッズを作って居る時もそうでした!

今朝から、早出の現場が始まりました。
5時55分に出発、帰りは終電に間に合うか、分からないそうです。
ひとまず今週いっぱいと、3月はそんな風になるみたいです。
普段は8時に出れば良い事が多いので、のーんびり、ですよ☆
ううたんさん
うちの次男もあと1年で お弁当生活も
終了です
そうなると きっと
物足りない 気持になるのだろうな・・
そう思います
渦中の時に 楽しみを 味わえると良いのですが・・・
何事の楽しみたいのですが
気持に 余裕がないことの方が 多いですi-201
 
]「ちゃんとちぎってある海苔に、ももんがさんの優しさを感じます。 」この 
saguchiさんの言葉 、すご~~く 嬉しかったのですが、実は この「みんなののり弁」から 学んだことでした
それまでは 私も ビロ~~ンと1枚の海苔を敷き詰めていて きっと 食べる時 大変だろうな…と思っていました。

「みんなの海苔弁」には ポテトチップスを使ったものもあって 斬新な発想に
「こういう手もあるんだ!」と感心しました。

ご主人の蛙さん!3月は 凄く忙しいんですね!!
無理せずね v-426
外から、見る灯りはとても温かく
人の幸せの象徴のようです。
私も、暗い夜の道を行くとき、家の灯りの中で
どんな人々の暮らしが温かく繰り広げられているのだろう・・と
覗いてみたくなります。
だけどね、灯りの中の本当の暮らしとは
厳しいモノです。
私は、看護師ですが、
病院の中で、眠れぬ不安を抱えた人々を
照らす灯りはせつないものです。
私の家から、以前病院の灯りが見えていました。
しばらく、じぃっとその中の悲しみに耳をすませるような
気持ちで立っていると
自分が家にいる事が、なんだか申し訳ないような
気持ちになったりするのです。
私も、その灯りの下で眠れぬ夜を過ごしたことが
あるのでね。
灯りは、もの思うものの一つです。

我が家の灯りほど良いものはないですね。
フィりフョンカさん おはよう

「だけどね、灯りの中の本当の暮らしとは
厳しいモノです。 」
ほんと、しみじみ…そうですね。
チャップリンの 「街の灯り」も
境正章が歌っていた「街の灯り」も
キュンと なるほどです・・・。
前にも 話したような気がするけれど
遠くから 眺める 家々の光が 
とても 切なく 目に映る・・。
それは そこに住んでいる人々が
みんな いろいろなことを 抱えていると
知ってからのことのような気がします。

ライトアップされた 橋やタワーが
なんとなく 無機質のものに感じるのは
そこには 人が いないからかもしれません。

暖かい 家の灯りでいてあげたい
小さな 小さな 家の住人である母は
そう思うのです