プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族です。

外に 洗濯物を干せること
半袖のTシャツで 歩けること
緑が濃いこと
花々が咲いていること

毎日 味わって過ごしたい
北海道の夏です。

名言
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

緑の森


2011/03/03 07:43 えぞももんが

雛飾り 


私が 一目見て 大好きになった お雛様があります

知り合いの お宅で 飾るお雛様。

今年も 見せていただきました。

時間がなく 携帯で 慌てて撮った写真なので
画像が悪く 傾いているのが 残念です 



SN3L00960001.jpg


雛段の 一番下に 並んだ 家族
お母さん お姉さん 幼い子供に きつねさん
みんな 手には 数珠を持っているんです
可愛らしくて

SN3L0099.jpg
SN3L0098.jpg  SN3L0097.jpg
(ホントに 写真が 悪くて ごめんなさい  )






「無理し過ぎないようにね」そう言われて
「ありがとうございます」と言う言葉と同時に
 涙がこぼれそうになって困った・・・・・。


言葉は 本当に ありがたい

次の 頑張りが 生まれてきます。






                今日も ここに立ち寄ってくれて ありがとう
                         ↓
                     にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村





大豆のドライカレー作ってみました | ホーム | 詩人 高木 いさおさん より
Comment
えぞももんがさん、こんにちは

華やかな、温かい
お雛さまですね。

手を合わせているのが
なんとも可愛らしい。

温もりのある言葉に
ふっと和らぐこと、ありますね。

えぞももんがさんの家
には素晴らしい
吊し雛がありますね。
今日は自分のために
お祝いしてください!
流し雛は身代わり雛。
病気や不慮の事故を避けるのが
難しかった時代
とにかく祈ったのでしょうね・・・。
何とか丈夫に育って欲しいと。
そんな思いが伝わってくるお雛様ですね。

えぞももんがさん
今日は 童話屋さんが初めて出した詩集を
開いています(*^_^*)
ももんがさん ただいま。
自分の家に帰った時の「ただいま」を
ここに来ると言いたくなります。
少し、ブログをお休みして
私は、春の衣装に衣替えした気分です。
自分の着ていた冬のコートが
少し重く感じて
重いなら、脱げばいいか・・と思ったので
少し早めの衣替えです。
心を軽くするには、綺麗な優しいものにふれるのが
良いですね。
厳しい言葉に背中を押してもらうのが良い時もあるけれど
私は、優しい物にふれてきました。

なんて かわいいおひなさまと
やさしい言葉でしょうね。

春は、そういう季節ですね。
だから私は、春が一番大好きです。
昨日の お雛祭り
寧楽さんも 自分に
ほんのちょこっと お祝 しましたか?

私はうちでは 唯一 「女の子」 i-229
(多少 無理もありますが・・・)
主人が スーパーの串団子3本入り 2パックと
アイスを 「女の子」の私に 買って来てくれました i-176

夕食の後片付けも そこそこに
みんなで 頂きました
これでも かなり嬉しくて 
安上がりにできている 私です i-179

追伸・・・・お嫁にいかなければならない 「女の子」はいないので
      吊り雛は旧暦の雛祭りまで 飾っておこうかと思います。
この お雛様は 大正時代の ものだそうです。

合掌している お人形さん
よく見ると 「お父さん」らしき 人形がいないのです

「どうしてなのだろうか?」きっと 理由があるのでしょうね
時代背景だったり
その頃の 家族制度であったり・・・ が、 影響しているのかな?

聞いてみたことが無いので 
理由は 私が 勝手に 思いめぐらせているだけなのですが。


追伸・・・・・童話屋さんの詩集・・今 覗いてきました。
      「のはらうた」? これ でしょうか?
      凄く 面白い! 今度は この 詩集を 図書館に予約します。
      すっかり 詩集にはまっています。
      最近私は よく 「アイリーン」になっています。 
フィりフョンカさん

春の衣替えをしていたのですね。
そして 季節は 春が好きなんですね。

フィりフョンカさんに ぴったりです。

今日も 札幌は吹雪模様ですが
回りでは たくさんの春を 目にします。

卒業していく 高校生
受験を終えて 少し ホッとした顔の受験生
スーパーの 片隅の お花屋さんの
春の花たち

優しい言葉には
人を元気づける 強さがあります

フィりフョンカさん
たくさんの 優しい言葉に触れて
春の優しさに触れて

「ヨッシャ!」と お互い 思いましょうね。


追伸・・・フィりフョンカさんは 少しお休み・・と知っていながら
     毎日 おじゃましていました。
えぞももんがさん
このお雛様を作られた方は
女の子だけじゃなく
家族みんなの幸せを願って
作られてますよね。
それってお父さんが作ったということかなあ?
お父さんの背中を見ながら
ご先祖様にみんなで
手を合わせているようにも見えます。
このお雛様には
独特な物語が秘められていて
ほのぼのだけじゃなく
じわあっと伝わってくるものがあります。
ええもん見せてもらいました、
ありがとう
私 毎年 この お雛様を 見るたびに
思いを巡らします

お父さんの人形がいないのは なぜか・・・

大正から昭和の初めに作られたと言う
このお雛様

もしかして お父様は 遠い戦地に行っている?
家族は 父の無事を 家族の平安を
願って 手を合わせているのだろうか?

いろんな事を 思うのです

そう
じわあっと・・・・・伝わってくるものがあります。
じわあっと・・・・来ます