プロフィール

えぞももんが

Author:えぞももんが
FC2ブログへようこそ!
夫・長男・次男・わたしの4人家族。
主人と2人暮らしになりました。

立春を過ぎると
寒さ厳しい 如月でも 
どこか 遠くに 春を思うことができるようになります

少しずつ 早くなる 日の出
部屋に差し込む日差しの強さ

元気にしてくれます 

名言
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

緑の森


2018/02/17 16:15 えぞももんが

Smille

右肩から右腕にかけての痛みに耐えきれず
整形外科を受診して 治療をしてもらっています

薬を飲み 注射をしてもらっても
起きている間中 右腕の疼痛が続いて
めっきり 弱気になった 今週でした

そんな時 はたと思う・・・
もしや 痛みのせいで 自分は 
すごいしかめっ面をしてるんじゃないだろうか

で、ちょっと 口角を上げてみる

一瞬 痛みが減る

前に誰かに教わった気がします
「作り笑いでも 脳のどこかが〝嬉しい”と勘違いして
ストレスが減るらしい だから口角を上げるといいよ」

体を温めて
10分に一度は 口角を ひゅっと上げて作り笑いをしょう


平昌オリンピックの男子フィギュアSPで
スペインのフェルナンデスという選手が
チャップリンの「モダンタイムス」の曲で演技をしていて
とっても 良かった
(羽生弓弦君と宇野昌磨君がメダルを取ったので
言えることですが・・・)


チャップリンの「モダンタイムス」のラストシーン

道端に座る チャップリンと少女
悲嘆にくれて泣き崩れる彼女の腕を取って 
「さあ 大丈夫 進んで行こう」と促すチャップリン

どこまでも続く道を 歩き出す二人
チャップリンが 彼女に向かって
「ほら きゅっと 口角あげて 笑って」と言っている


Smile though your heart is aching
Smile even though it's breaking
When there are clouds in the sky, you'll get by
P1080120.jpg
チャップリンの モダンタイムス ラストシーンを検索してみてください
「Smille」の曲が 沁みてきます


You'll find that life is still worthwhile, if you just smile
2018/02/14 18:47 えぞももんが

好きなツボ

本州の方に話すと
「え~っ」と驚かれたり
「それは ちょっと・・・」と、ひかれたりするのですが

北海道のお赤飯は 小豆の代わりに 甘納豆が
入っています

お弁当コーナーで
お赤飯が売られている時は
小豆タイプと 甘納豆のタイプ
2種類が売られていることが多い

とは言うものの・・・・
私は 小豆のお赤飯のほうが好きです
そして そこには たいてい
紅ショウガの薄切りが2枚ほど入っていて
それを めくると
お赤飯に沁みこんだ 紅ショウガの跡の赤い部分が登場
この部分が ツボ
好きです!!

これは 子どものころから
おばさんになった今でも変わらない

「それが どうした?」という話なんですが
時折、小豆のお赤飯 紅しょうがの跡の赤い部分が
無性に食べたくなる時があります

今日は そんな時でした。



本州のお赤飯が 津軽海峡を渡って
誰が どこで どうして 小豆から甘納豆を使ったのかなぁ  
北海道の 七不思議。



この羽の落とし主は 誰かな?
P1080104.jpg


地下鉄で 北海道弁の 車内広告を見ました

「見ささる 聞かさる 言わさる あずましい説明会」
訳 ・・・・見てしまう 聞いてしまう 話してしまう 居心地のいい説明会 
2018/02/13 17:38 えぞももんが

人それぞれ 

昨日の新聞に 精神科医・香山リカさんのコラムが載っていました。

文中より 抜粋ですが・・・・・

長いつき合いの同世代の女性の友人たちと食事をした。
50代後半ともなると、「親の介護」と「自分の健康問題」の
ふたつを抱えている人が多い。
ただ、その他となると、みなバラバラ。
ずっと独身でこれから結婚の予定という人
もいれば、孫が小学生という人もいる。
見た目もいろいろで、白髪染めをやめたとグレーのショートカットで登場した人、
「ジムで筋トレしている」と力こぶを見せてくれる人、
「やっぱりピンクはやめられない」と
若いころと変わらないファッションの人もいる。
でも誰も、「あなたの年齢でそれはおかしい」とか
「もっとこうすべきだ」と注意したりしない。
「人はそれぞれ、自分らしいのがいちばん」と思い、
認め合っているのだ。


読んでいて 確かに そうだと思う。
50代になって 体力の低下 視力の低下 肌の劣化
いろいろ残念なことは 多く出てきますが
「人にどう思われるか」
「ほかの人はどう考えるか」
そんなことを 気にしなくなった
そのぶん とっても楽になったように思います

迷惑をかけていないなら
「人が どう思うか」は 気にしない

歳をとるのも 悪くないと思えるのは
そのあたりです 

そう 自分らしいのがいちばん!




P1080107.jpg
若いころ そう思えたら もっと のびのび
過ごせていたかなぁ

2018/02/12 21:41 えぞももんが

オリンピックの正しい見方。

昨日 近所の小さな天然温泉のサウナ室のテレビで見たのは
平昌五輪の 30キロクロスカントリー競技

テレビを見つめるのは
ほぼ 50代から70代のおばさんたち(私を含む)


「日本人は 何位?」

「25位」

「そっか・・・まだまだ 世界は強いんだね
でも 68人中25位なんでしょ
いいしょ いいしょ よく頑張った」

「そうだ そうだ たいしたもんだよ」

お母さんたちは そう思います

そして メダルを取れた選手と
取れなかった選手の違いを分析

「良い時もあれば 悪い時もある」

「そう そう」


いろんな競技を見ながら
ジャンプをするたびに 「膝!痛くないんだろうか?」
ズンと 着地するたびに 「腰!負担かからないんだろうか?」
フィギュアのペアーの競技で、
相手を高くリフトするたびに 「肩!気を付けて 後で痛くなるよ」
と やたらに気になる
50代 60代になってからの 彼ら彼女らの
肩・膝・腰の痛みを心配する 
右肩 右腕を痛めている 今の えぞももんがです。




P1080117.jpg
今日の札幌は 平昌に負けず劣らず
冷え込みました -10℃




2018/02/11 14:40 えぞももんが

グッとくる言葉

ありがとう

お疲れ様

助かります

嬉しかったよ

美味しかった

かけてもらうと 嬉しくなる言葉は たくさんあって
その時々によって 変わります

その中で じんわり沁みてくる言葉は
今までやってきたことが 認めてもらえた時
わかってもらえた時にかけてもらった言葉かもしれません 


先週の火曜日あたりから
左の首 肩 肩甲骨あたりが痛み出し
初めは いつもの肩こりかと思っていました

その痛みが 左腕にも広がって
起きているあいだ中 ずっと ズキズキ。

治ると思っていたのですが
その痛みが 日に日に増してくる

とうとう 昨日 整形外科に行ってきました

先生が 私の肩を見ながら
「痛みは 何時からですか?」

「5日ぐらい前からです」

「これは…ずいぶん 我慢しましたね」と レントゲン写真を見た後
肩に 注射を一本してくれました。

高齢化社会になって 整形外科はどこも 高齢の方で満員
それでも いたるところに 整形外科の病院がたっていて
受診した病院の側にも 大きな整形外科がある
なので 先生は 患者さんの心をぎゅっと掴む話術と笑顔を欠かさない

でも 先生にかけてもらった
「よく 我慢しましたね」の言葉は
患者さん向けのツボな言葉と分かっていていも


痛みで 弱気になっているので
「そっか よく我慢したか・・・」と ホロっとなる



今まで よく頑張って来たね
・・・そんな言葉が身に沁みるようになりました



森の木のように
少々のことでも びくともしないようでいたいものです。
P1080114.jpg
歳を重ねてきて
これからは いろんな痛みと上手く付き合っていく
そう言うことかなぁ

たいへんな症状ではなさそうですが
すこし 通院することに なるようです